ページの先頭です

ここから本文です

総合保障2型と医療1型特約の保障内容

月掛金合計3,000円 = 総合保障2型(月掛金2,000円) + 医療1型特約(月掛金1,000円)

保障期間 18歳〜60歳  
入院 事故 1日目から184日目まで 1日当たり 5,000円

「医療特約」で
さらに安心!

病気 1日目から124日目まで 1日当たり 4,500円
通院 事故 14日以上90日まで 通院当初から1日当たり 1,500円  
入院一時金(1回の入院につき) 20,000円 日数に関わらず入院には一時金
手術(当組合の定める手術) 5万円・10万円・20万円 手術の保障もついて安心
先進医療(当組合の基準による) 1万円〜150万円 先進医療にも対応
在宅療養(入院を20日以上継続し退院したとき) 40,000円 退院後の在宅療養に見舞金
後遺障害 交通事故 1級 660万円〜13級 26.4万円  
不慮の事故(交通事故を除く) 1級 400万円〜13級 16万円
疾病障害(所定の状態に該当した場合) 100万円 病気が原因の障害に共済金
死亡

重度障害
交通事故 1,000万円  
不慮の事故(交通事故を除く) 800万円
病気 400万円
  • 表中「入院」・「通院」でいう『事故』とは交通事故・不慮の事故をいいます。
  • すべての病気による入院・死亡・重度障害が保障の対象となります。
  • 同一の支払事由について、後遺障害、重度障害、死亡は重複して共済金をお支払いできません。後遺障害共済金のお支払いの後、これと同一の事故により死亡または重度障害となり共済金が支払われる場合は、既にお支払い済みの後遺障害共済金を差し引いた金額をお支払いします。
  • 「入院」について入・退院日が同日(日帰り入院)の場合には入院1日とし、入院料の支払いの有無などにより判断します。
  • 「通院」は、通院日数が14日未満でも入院日数を含めて14日以上の場合、事故の日からその日を含めて180日以内の通院が保障の対象となります。
  • 重度障害および疾病障害の範囲および手術の支払基準は当組合の定めによります。一部お支払いの対象とならない手術があります。
  • 「先進医療」とは厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、届出が受理された病院または診療所において行われるものに限ります)をいいます。「先進医療」の共済金は、当組合の定めにより支払限度額の範囲内でお支払いします。
  • 60歳以降は、年齢に応じて保障内容が変わります。

元受団体:
都道府県民共済グループの全国生協連