よくあるご質問

医療特約について
「手術共済金」はどんな場合に支払われますか?

入院の有無にかかわらず保障期間内に発病した病気や発生した事故(ケガ)の治療を直接の目的として所定の手術を受けた場合、診療報酬点数(1,400点以上が対象)に応じて手術共済金をお支払いします。(一部お支払いの対象とならない手術があります。)
なお、1回の手術の中で複数種類の手術を受けた場合や1日のうちに複数回の手術を受けた場合、最も支払金額の高い1種類の手術を受けたものとみなして手術共済金をお支払いします。
また、新生物根治放射線照射、ガンマナイフ等による定位放射線治療または密封小線源療法の放射線治療についても当組合の定めにより手術共済金が支払われます。

このご質問に関連した情報は、以下のページでご覧いただけます。

電話でのお問い合わせ

営業時間 9:00-17:00 土・日・祝日も営業(年末年始を除く)

018-823-0131