よくあるご質問

熟年型・熟年入院型について
病気入院の支払日数に限度はありますか?

1回の入院につき病気入院が124日分、事故入院は184日分が限度となります。なお、熟年入院型の70歳〜85歳の病気入院保障は1回の入院につき44日分が限度となります。また、熟年型の70歳〜80歳までの病気入院は、1回の入院につき44日分が限度になり、80歳〜85歳の病気入院は保障の対象となりません。

このご質問に関連した情報は、以下のページでご覧いただけます。

電話でのお問い合わせ

営業時間 9:00-17:00 土・日・祝日も営業(年末年始を除く)

018-823-0131